スキンフェード,barber,アメリカンヘア
| ぼやき / メンズヘア / 髪のこと |

出来ないって言い切っちゃうのは簡単だけど、大概のことは出来る。

最近ちょっと、スキンフェードの人気も少し落ち着いてきている気もしますが、、、

本当にバーバースタイルが日本で定着して、一般的になるにはここからによるなーって美容師目線ですがなんとなく感じています。

 

そんな中、フェードスタイルやアメリカンバーバースタイルにしたいと来てくださる方の話を聞くと、

 

バーバースタイルに興味自体は前々からあって、切ってもらいたい気持ちはあっても美容師側のスキルの問題やそもそもバーバースタイル(主にスキンフェード)についての知識不足があって、出来ないと言われちゃうことが多いようです。

 

これ、すごく分かります。僕も最初はお断りさせてもらいましたもん。だって知らないし、出来ないし、中途半端な技術でお金いただけないですしね。

 

あと、スキンフェードって、細かくバリカンの刃のmm数調整したり、何本も使い分けたりしてグラデーションで剃って、刈りあげて綺麗な(陰影)グラデーションを作るのが結構大変で時間とられるんですよね。

 

簡単にいうと、面倒なスタイルなんです。笑

 

でもね、なんか出来ませんっていうのって技術者としてどーなんでしょ?

 

出来ないことを出来ないって瞬時に判断して、ちゃんとお断りすることが必要な時もあります。

 

でも、それと今回のは違う話で。

出来ないなら、いつか出来るようにしとこうって話。
それと、お断りしたままにしておくのどーなの?って話。

 

それって単に妥協したり美容師側で勝手に諦めてるだけじゃんって思うんです。

 

こういうことって、今回のスキンフェード以外でもあると思います。

  • やりたいヘアカラーに出来ない。
  • くせ毛だからショートヘアは出来ない。
  • この髪質ではパーマがかけれないetc…

 

(美容室によって料金やカットにかける時間とかいろいろと環境面でも更に面倒なことがあったりしますが、、、)

お客さんと話してて、
なんかいろいろ美容師側が理由つけて妥協をしたり諦めちゃうんじゃなくて、

「お客さんが求めるスタイル」と「僕の自己満足」を合わせて結果的にお客さんが喜んでくれるような更に良いもの創っていきたいなーと思いました。

そうしてる方が仕事が楽しいですしね!

スキンフェード,barber,アメリカンヘアスキンフェード,barber,アメリカンヘア

       ご予約・お問い合わせ       ▶︎
         24時間ネット予約         ▶︎
ご予約